SPECIAL 売却成功のカギ

不動産売却を成功させるには、
気を付けなければならないポイントがあります

ご自身の大切な資産である不動産。誰もがこのようなことを思うことでしょう。

「できるだけ早く!」
「相場よりも良い価格で売却したい!」


ですが、一方不動産の購入を検討されている方は、「いい物件を相場より安く購入したい」と考えます。相場からかけ離れた売出し価格に設定すると、なかなか問い合わせがなく、売却できるまでに時間を要してしまうことになりかねません。

不動産売却で大切なのは、まずは市場相場をしっかりと把握することです。そして相場を押さえたうえで、妥当な査定結果を提示してくれる不動産会社を選びましょう。
こちらでは不動産売却を成功に導くため、気をつけたい6つのポイントをご紹介いたします。

  • Point.01 物件購入検討者の
    気持ちを考える

    不動産売却は、「相手がいなければ成立しない」取引です。そのため売却を成功させるには、購入検討者の気持ちを考えることが非常に大切。まずはお持ちの物件を客観的な立場から見て、物件の購入を検討される方が「魅力を感じる部分」「心配や不安を感じる部分」はどこかを想像するのがいいでしょう。
    また不動産の購入経験がある場合は、実際にどんな情報を求めていたか、購入の決め手となったことは何かを思い出すのも有効です。

    Point.01
  • Point.02 アピールポイント・
    マイナスポイントを明確に

    物件の魅力を最大限アピールするためには、アピールポイント・マイナスポイントを明確にすることが大事です。
    売却では不動産仲介会社の担当者が、その魅力をより分かりやすくアピールします。あらかじめ今お住まいの方(所有者)から、アピールポイント・マイナスポイントを担当者にまとめて伝えておきましょう。
    また、不動産の購入判断に影響を与えるマイナスの内容ですが、こちらは買主に説明する義務があります。話しにくいご事情も含め事前に不動産仲介会社に相談し、最適な売却方法を提案してもらいましょう。

    Point.02
  • Point.03 物件の魅力を
    しっかりアピールする

    ●まずは物件をキレイに!
    清潔感のあるいい印象を感じてもらうためにも、物件をキレイにお掃除しておきましょう。お住まいの顔でもある玄関口やキッチンなどの水回りは、多くの方が気にされる箇所なので念入りなお掃除がおすすめです。庭のお手入れや建物周りにも気を配っておけば、さらに好印象です。

    ●室内は明るく広く!
    日当たりは多くの方が重視するポイントです。カーテンは開けて、できる限り日当たりのよさをアピールするといいでしょう。
    また、室内を広く見せることも重要。不用品はできるだけ事前に処分し、整理整頓を心がけましょう。

    ●場合によってはリフォームも!
    ひどく汚れていたり破損していたりする箇所は、リフォーム(修繕)することで全体の印象がよくなり、早期の成約に繋がることもあります。
    ただしリフォームを行ったとしても、必ずしもその費用を上乗せして売却できるとは限りません。売却査定依頼の際に、リフォームが必要かどうかも担当者へ相談しましょう。

    Point.03
  • Point.04 適正な売出し
    価格を検討する

    購入検討者がもっとも気にするのが売出し価格。売出し価格を決定する際は、不動産取引の相場を基準にしましょう。
    売出し価格が相場を大きく上回ると、売却活動が長期化することで、結果的に相場を下回る金額での成約となる場合もあります。売出し価格は不動産仲介会社の査定金額を参考にし、担当者とよく相談して決定しましょう。

    Point.04
  • Point.05 信頼できる
    不動産会社を選ぶ

    適正な売出し価格を決め、不動産の魅力を最大限アピールするには、パートナーである不動産仲介会社選びが重要です。
    一口に不動産会社といっても、会社ごとに得意な分野があり、売却を行うなら不動産売買を得意とする会社選びが大切になります。また不動産仲介会社が提示する査定価格は、不動産仲介会社が持つ独自のデータや市場動向が加味された「提案価格」です。地域の不動産市場に詳しい、豊富な経験・実績のある不動産会社を選ぶようにしましょう。

    Point.05
  • Point.06 不動産の売却に
    必要な費用・書類

    意外と見落とされがちな、「売却にかかる費用」。売却には収入だけではなく、費用(支出)も伴います。売却予定の不動産の条件により負担額も異なります。どのような費用・書類が必要なのか事前に確認しておくことで、資金計画が立てられ、不動産売却を円滑に進められます。以下では不動産の売却に際し、一般的に必要となる主な費用・書類をご紹介します。
    ※不動産の種類や売却方法によって異なりますので、注意しましょう。

    ①売却する際にかかる費用
    ●登記費用…住宅ローン利用時に設定した抵当権を解除する「抵当権抹消費用」、登記上の住所と現住所が異なる場合の「住所変更登記費用」などです。
    ●仲介手数料…仲介売却を不動産会社に依頼して売買契約が成立した場合は、不動産会社への成功報酬(仲介手数料)が必要になります。
    ●測量費用…土地・建物を売買する際は、境界線に関するトラブル回避のため測量を行う場合があります。
    ●解体・更地…古家の場合は建物を解体して、更地にする必要があります。
    ●リフォーム…建物の状況によって、リフォームが必要になります。
    ●引っ越し費用…売却物件に居住されている場合は、新居への引っ越しや仮住まいの用意が必要です。
    ●印紙代…不動産売買契約に貼り付ける印紙代です。
    ●譲渡所得税…不動産売却額が取得額を上回った場合、譲渡所得税の課税対象となります。


    ②不動産を売却する際に必要な書類
    ●土地・建物の登記識別情報(もしくは権利証)
    ●実印(共有名義の場合は各々必要)
    ●本人確認書類(運転免許証・パスポート・各種健康保険証など)
    ●印鑑証明書(発行後3ヵ月以内のもの)
    ●住民票(必要な場合のみ)・評価証明書・司法書士への委任状など
    ●抵当権抹消登記に必要な関係書類など
    ※登記関係書類などは、司法書士といった専門家に確認しましょう。
    ●実測図や境界確認書(必要な場合)
    ●残代金や各種精算金などの領収書(口座振込の場合は振込控えで代替することも)
    ●固定資産税・都市計画税納税通知書
    ●物件状況確認書・付帯設備表
    ●建築関係書類、物件の鍵など買主様へ引き継ぐもの一式

    Point.06

CONTACT
お問い合わせ

兼ハウジングへのご意見・ご要望などは、
お気軽に以下のフォームから
お問い合わせくださいませ。